先輩社員のインタビュー

入社7年税理士前盛英明

photo

金城一也税理士事務所に入ったきっかけは? 一緒に勉強していた仲間から勧められた事務所の中に金城一也税理士事務所があり、連絡をしたのがきっかけです。
ここはとても勉強になると勧められのと、たまたま金城一也税理士事務所を辞めるかたがいたので、タイミングもよかったと思います。
どういう雰囲気の職場ですか? んーそうですね。自分と松田は黙々と作業をしている感じですかね。 今まで働いていて一番嬉しかったことはなんですか? 親の質問に答えられるようになったことですね。

金城一也税理士事務所の良い所はどういう所ですか? 経験を積むスピードは本当に早いと思います。
やる気次第でいくらでも経験を積むことができますし、また頑張った分ちゃんと給料で返ってくるので、そういう点は良い所だと思います。
もちろん忙しいですが(笑)
前盛さんは、コミュニケーション能力は長けていたほうですか? 長けているというわけではなかったです。
人と話をするのは嫌いというわけではなかったので、長けてもないけど悪くもないのかなと思ってました。
では、各企業の社長とお話をする際には緊張などしなかったのですか? 緊張しました(笑)
普段あまり年上のかたと話をすることがなかったので、最初は何を話をしていいのかわからなかったですね。

photo

どうやって克服していったのですか? とにかく会うようにしました。
会って話をしていくなかで慣れていき、苦にならなくなりました。
金城一也税理士事務所で働いていてやりがいを感じるときはどんな時ですか? 年上の方々と話ができるようになったことと、年上の方々から感謝されると嬉しいですね。

まとめ お二人、ありがとうございました! お二人とも仕事は日々忙しいけれどもとてもやりがいを感じているような印象を受けました。またお二人ともお客様(社長)に喜んでもらいたい、また喜んでもらって感謝されることにとても喜びを感じているようでした。松田さんが「税理士事務所の仕事はサービス業の中でも接客業だ」と仰っていたのですが、どうやったらお客様(社長)が喜ぶのか、またどうしたら困っている社長の手助けになるのかということを常に考えてお仕事されているのだなと感じました。とにかく日々忙しい職場なのは確かなようですが、それ以上に経験を積みたい、もっと学びたい、そして何よりお客様に喜んでもらいたい!という気持ちのある方にはとてもオススメの職場だと思います。是非応募される方には参考にして頂きたいインタビューでした。(編集)
選考プロセス・応募要項 応募方法・お問い合わせ